ia-cloudプロジェクト

ia-cloudプロジェクトでは、VPNを使わず安全で、かつDIYで製造現場のニーズに合わせたIoTアプリケーションの開発が可能な、ia-cloud・Node-REDフラットフォームの開発と普及活動を行なっています。

SMKLプロジェクト 

I4.0やIIoT、DXなどでデジタル化された情報をSMKLを用いて見える化し、経営層、管理層、作業者、SIer、IoT製品ベンダーなどが活用できる方法を検討します。また、SMKL普及に向けた活動を推進します(国内・海外)。 

制御層情報連携意見交換会(CLiC)

・制御層における情報連携の有効性を確認します。
・新規技術項目の創出と標準化を提案します。

<シーズ分科会>国際標準(OPC UA、FDT、PLCopen)を活用するユースケースの創出及び関連技術(Automation ML)の調査検討を行います。

<KPI分科会>KPI運用に関する課題抽出と対策検討を行う。SMKLプロジェクトとの連絡を行う。

モデリングWG

射出成型機を用いたプラスチック製品の製造について、関係者間で課題を共有し、その解決策を検討するためのSysMLを用いたモデル記述を行います。

   IAF(Industrial Automation Forum)は製造業のユーザのビジョンを実現する情報連携とシステム構築の開発・普及を進めています。
 
   多くの標準化団体の力を結集し、ユーザとベンダーが協調して、
 ・IA内の分野やレーヤーを越えた連携、  
 ・市場に直結したものづくり、
 を目指します。
 
   IAFは変化に即応できる体制で、ユーザ企業に育てられる製造技術の開発をおこないます。